大貫伸樹の書物楽会

2006-10-11与謝野晶子とミュシャ

与謝野晶子とミュシャ

昨日、笠間書院、八木書店と打ち合わせをすませ、駿河台下の横断歩道を渡っていると、向かいにある三茶書房の入り口にアルフォンヌ・ミュシャの挿絵を使った全判のポスターが飾ってあるではないか。そのタイトルが「与謝野晶とミュシャ」。あまりも衝撃的なこのポスターに引き込まれるようにして三茶書房に飛込む。

アール・ヌーボーとについては、「みだれ髪歌かるた」等を通じて話してきたように、今の私の興味の矛先にどんぴしゃりの的がとび出してきたのだ。こんなショッキングでラッキーなことがあるんだろうか? 図録を頂けるなんて全く予期してはおらず、電話などで美術館から取り寄せられないだろうかと思っていたのが、その場で手に入れる事が出来るなんて、三茶書房さんありがとう。

f:id:shinju-oonuki:20061011195149j:image

その後、幡野さんと立ち話をしていたら、来年「笛吹川芸術文庫」をオープンさせるそうで、その建物は、国登録有形文化財(旧武藤酒造・主屋、米蔵)で、実は、幡野さんの実家らしい。展示内容は、芸術、文学歴史文献の展示で、ただいま準備中だそうだ。

さて、話を「与謝野晶子とミュシャ」の図録に戻そう。事務所に戻るまで待ちきれず、帰りの電車の中で読み始め、開いた途端に唖然とさせられるほどのショッキングな写真が掲載されていた。図録「与謝野晶子とミュシャ」(堺市立文化館、2006年)から転載させてもらおう。

f:id:shinju-oonuki:20061011124151j:imagef:id:shinju-oonuki:20061011124529j:image

明星の表紙装画や挿絵を描くときに参照にしたミュシャの絵と、それラのエッセンスをを取り入れて描かれ発表された明星の表紙等が、並列に掲載されているではないか。

写真下の挿絵が『明星』に登場するのは1900年9月刊行の第6号である。与謝野晶子『みだれ髪』の刊行が1901年8月である。約1年ほどのこのタイムラグに私はずっと引きつけられていたのだ。

ミュシャの作品が雑誌の表紙や挿絵として登場するのは、1890年からで、「ラ・プリュム」「ル・モア」「ラ・ヴィ・ポプレール」「イマージュ」「イリュストラシオン」など。1897年7月から「ラ・プリュム」でミュシャ特集を企画する。「藤島武二、一条成美、杉浦非水、長原止水ら『明星』に関わる画家たちが「ラ・プリュム」のミュシャ特集号を目にしていたことは間違いない」(「与謝野晶子とミュシャ」)。

黒田清輝の巴里万国博覧会の土産品の中に、これ等の雑誌が含まれていたのであろう。


なお「与謝野晶子とミュシャ」展は、

於:与謝野晶子文芸館 アルフォンス・ミュシャ館(JR阪和線「堺市」駅下車すぐ)

期 間:9月9日(土)〜11月5日(日) 休館日:第2・第4月曜日

お問い合せは、文化館(電話072-222-5533)。

【展示替のための臨時休館】9月4〜8日、10月9〜11日

 当館は、堺出身の与謝野晶子の多彩な活動を紹介しその魅力を知ってもらうことを目的として平成6年に開館しました。当初より、晶子が活躍した文芸雑誌「明星」の表紙絵や挿絵に取り入れられたアール・ヌーヴォーの代表画家アルフォンス・ミュシャの絵画と与謝野晶子の文学を同時に楽しんでいただけるユニークな施設として運営してきました。本展では、当館の特徴を生かし、与謝野晶子とアルフォンス・ミュシャという2人の芸術家の生涯を紹介するとともに2人の接点や共通点を知っていただきます。

与謝野晶子の自筆資料や遺品、著作など約70点を展示します。

●与謝野晶子美術館のホームページに「ミュシャのポスターは、「明星」で与謝野晶子の歌の挿絵に取り入れらえて広く日本人の目に触れるようになりました。与謝野鉄幹や「明星」のデザイナーたちが与謝野晶子の歌の世界とミュシャの世界が共通することを理解していたからです。」とあるが、間接的ないいまわしで、よく理解できない。

晶子が「髪」に興味を持ったのは、ミュシャの影響である、と解釈してもよいのだろうか。その辺が一番興味をひかれるところなんだが。

トラックバック - http://syomotsugakkai.g.hatena.ne.jp/shinju-oonuki/20061011