大貫伸樹の書物楽会

2006-10-05ピーターラビットの絵本

shinju-oonuki20061005

擬人化した昆虫や動物の絵を集めていたら、

ピーターラビットの絵本がそんな内容だったと思い出し、

書棚を探したら文庫本サイズ

ビアトリスク・ポターさく、え

「ピーターラビットのおはなし」(福音館書店、1971年)

「モペットちゃんのおはなし」(福音館書店、1971年)

の2冊が出てきた。

妖精もいいが、

動物の擬人化したのもいい、と思い

ネット検索して

『ピーターラビットの絵本』ミニチュアコレクション(福音館書店、発行年不明)

も購入した。

こちらは絵もかわいいが、

サイズもかわいい。文庫本の1/4くらいしかない。

イラストで覆われた

かわいい引き出しに12冊も入っている。

蔵書票作りも、このくらいまでやってみたいですね。f:id:shinju-oonuki:20061005134155j:image

トラックバック - http://syomotsugakkai.g.hatena.ne.jp/shinju-oonuki/20061005