大貫伸樹の書物楽会

2006-10-03版画「ちょっと休もっ!」

shinju-oonuki20061003

蔵書票だより「ちょっと休もッ!」

団塊の世代である友人達から、定年退職や再雇用、田舎ぐらしなどの話題が飛び出すようになった。私は勤め人ではないので、年がら年中求職中のようなものなのでその点では気が楽です。

目標がはっきり定まっているときの小休止は新たなエネルギーの補給源として大切ですが、目標がなくなってしまったときの小休止は、そのまま休止続行にもなりかねない。ちょっとした気の緩みの蔭には魔の手が潜んでいる事も。曼珠沙華の赤い休息椅子は、一見心地よさそうだが、危険!危険。

父が40年間勤めた会社を辞め再就職した時に、急に老け込んでしまったな、と思ったのを思い起こしました。今、私もその頃の父に近い年齢になり、父が生まれ故郷に山小屋を建て畑仕事や山の手入れを楽しげにやっていたのを思い出しながら、私はいまの仕事がなくなったら何をするんだろうかと、考えてしまいました。


トラックバック - http://syomotsugakkai.g.hatena.ne.jp/shinju-oonuki/20061003