大貫伸樹の書物楽会

2006-09-26蔵書票だより「あら〜っav

shinju-oonuki20060926

消しゴム版画蔵書票「アラ〜っ!」

蝶々が鳴いたら、

どんな音を聞かせてくれるんだろうかと考えていたら、

こんな絵が出来ました。

きれいな虫の音を聞かせてくれるアゲハチョウがいたら

せっせとベランダで孵化させるんですがね。


絵のような場面に出合ったら、

きっと「あら〜っ!こんなところに」といって

耳を澄まして聞き入ってしまうでしょうね。

嬉しくなってきっと微笑んでしまうでしょうね。

前回はタテハチョウでしたが、

今回はちょっと大きめのアゲハチョウなので、

妖精の年齢を少しあげてみました。

妖精って年齢の設定があるのかな?

このブログを見た知人からこんなメールが届きました。

> 実は、3月まで娘が通っていた保育園で、

> 在籍中にお世話になったお友達(現在4歳)が、

> 今年5月に突発性拘束型心筋症ということがわかり、心臓移植のため、

> アメリカ、カリフォルニア州のロマンダ大学病院に受け入れが決まっており、

> 年内に渡航できればと考えています。

> 膨大な費用がかかるため、

> 先日21日にに記者会見を開き、いくつかの報道機関でも取り上げて

> 頂いたのですが、

> 現在、「さくらちゃんを救う会」を発足し、三鷹市、武蔵野市中心に、

> 募金活動をみんなで行っているところです。

> HPは、http://www.sakurahelp.com/

> です。

よろしくおねがいいたします。

トラックバック - http://syomotsugakkai.g.hatena.ne.jp/shinju-oonuki/20060926